Pocket

藤田です

 

Googleは2012年に

 

パンダアップデートと

ペンギンアップデートと呼ばれる

アップデートを導入しました

 

これはなにかっていうと質の低い記事を

ツールで量産したり

 

リンク販売業者から

リンク買って検索順位を

あげたりしようとしたり

 

 

要はずるしてる奴らは

検索順位下げるぞっていう

Googleからの制裁です

 

 

で、このパンダアップデートと

ペンギンアップデートといわれる

 

俗にいうペナルティといわれるものなんですけど

 

このペナルティの対象にならないようにするには

こつこつと着実に質のいい記事を積み上げていって

 

自作自演でリンクはったり

リンク販売業者からリンクを買ったりして

ずるして検索順位を上げずに

 

 

真っ当なサイトを運営する事が

ペナルティを回避する唯一の対策でもあるし

 

結果的にずるをして検索順位を上げようとしたやつよりも

検索で上位に食い込めます

 

パンダアップデートとは?

 

パンダアップデートって言うのは

コンテンツの質を評価するアップデートです

 

これは

内容の薄いコンテンツばっかりだったり

機械的に自動生成されたコンテンツばっかりだったり

他のサイトと内容が重複しているコンテンツが多かったり

 

そう言うサイトのスコアを下げるアップデートです

 

ここで特筆したいのが

他のサイトと内容が重複しているコンテンツも

サイトの評価を下げる対象という事

 

コピペの記事が上位表示されにくいのも

Googleのこのアルゴリズムのせいです

 

検索結果がコピペの記事ばっかりで

本当に探したい情報が出てこないと

 

検索した人のユーザビリティ(検索ユーザーの満足度)が

満たせないからですね

 

 

ペンギンアップデートとは?

 

ペンギンアップデートとは

パンダアップデートがコンテンツの「質」を

評価するアップデートなのに対して

 

 

ペンギンアップデートは

リンクの「質」を評価する

アップデートです

 

 

これはどういう事かというと

  • 自動生成されたような内容の薄いサイトからのリンクばかり集めているサイト
  • 中国からの大量リンクなど明らかにリンク販売業者から購入したと思われるリンクばかり集めているサイト
  • Googleが「不自然なリンク」にたいする警告をウェブマスターツールに送っていたサイト
  • 明らかな自作自演行為により多数のリンクを集めていたサイト

 

これに当てはまるようなサイトのスコアを

下げるアップデートです

 

 

パンダアップデートの対策

 

パンダアップデートの対策としては

質の低いコンテンツや

重複コンテンツのリスクがあるページを

 

あえてインデックスさせない(Noindexする)

という事と

 

自動生成ツールなどで

ページや記事を量産しない

 

ということです

 

 

ペンギンアップデートの対策

ペンギンアップデートの対策としては

大前提として

 

リンク販売業者からリンクを買わないという事

 

そして

自作自演の機械的なリンクばかりを集めない

自然なリンクになるようにアンカーテキストの分散に気を配る

ソーシャルメディア(Twitter、アメブロなど)からのリンクを集める

相手のサイトのコンテンツ部分からリンクを張ってもらえるように

引用してもらいやすいコンテンツ製作を心がける

オーガニック(自然発生的)なリンクを集める

 

といったことです

 

 

ペナルティを受けないようにするには

ペナルティを受けないようにするためには

とにかくずるをしない事

 

 

真っ当なサイト運営をしていれば

関わる事のない事柄だと思います

 

ずるをして検索順位を上げようとする人たちが

痛い目を見る環境は、今後更に強化されていくと

思うので

 

甘い言葉に誘われて

ずるをするような事は

考えないように心がけましょう

 

 

 

 

面白かったり役に立ったら

シェアしてもらえると嬉しいですヾ(=^▽^=)ノ

Pocket