Pocket

 

出典:https://ai-catcher.com/

こんにちは

藤田です

 

アフィリエイトで稼げるかどうかは集客

つまりどれだけアクセス数を集める事が出来るかどうかにかかっています

 

 

そこで今回はアクセス数を集めるための

方法を解説していきます

 

検索エンジン経由のアクセスを狙うべし

大前提としてアクセス数を集めるためには

検索エンジン経由のアクセスを狙いましょう

 

 

ブログランキングのコメント回りやTwitterなどの

SNSを使った方法があるにもかかわらず

なぜ検索エンジン経由のアクセスを狙うのか?

 

 

それは検索エンジン経由のアクセスを狙う方が

よりたくさんのアクセスを定期的に集められるからです

 

 

何か調べたい事がある時

インターネットを使うという人は多いはずです

 

 

パソコンがなくてもスマホもかなり普及しているので

手軽にインターネットで調べる事ができます

 

 

それだけ利用者の多いインターネットですから

それ相応のアクセスが集まるわけです

 

 

それと一度何かのキーワードで上位に表示する事が出来れば

そのキーワードの検索経由で定期的にアクセスが集まるようになります

 

 

つまり何もしなくても一定のアクセスが集まるんです

 

多くのアクセスを定期的に集める事が出来るから

 

これが検索エンジン経由のアクセスを狙う理由です

 

検索エンジン経由のアクセスを増やす方法

検索エンジン経由のアクセスを増やすためには

  • 1000〜3000文字を目標に記事を書く
  • ロングテールキーワードを狙う
  • 読者の役に立つ記事を書く

 

この3つを意識する事です

 

細かい事をいえばもっとありますが

この3つを意識するだけで

着実にアクセスを集められます

 

1000〜3000文字を目標に記事を書く

記事を書くときは1000〜3000文字を目標に

記事を書きましょう

 

Googleは文字数の多い記事=情報の網羅されている記事と判断します

 

文字数の多い記事の方がGoogleに評価されやすいので

検索結果に上位表示されやすくなります

 

Wikipediaなどのサイトが上位に表示されるのも

文字数が多いからです

 

文字数が多いのであるキーワードで検索してきた人の

知りたい情報が網羅されていると判断されているためです

 

 

逆に1000文字以下だと上位表示する事は

かなり難しいと言えます

 

ロングテールキーワードを狙う

 

 

ロングテールキーワードとは例えば

「化粧品+使い方+20代」「化粧品+レビュー」のように

キーワードが2語以上組み合わさってできているキーワードの事です

 

上の例で言えば化粧品がビッグキーワードで

そこに他のキーワードが組み合わさっています

 

このロングテールキーワードを狙う事で

検索上位に入りやすくなりアクセスを集めやすいです

 

ビッグキーワードを狙うよりロングテールキーワードを狙う方が

検索ボリュームは少ないですが上位表示しやすいのです

 

ロングテールキーワードのアクセスを束ねる事で

ビッグキーワードにも匹敵するアクセスを集められます

 

ビッグキーワードは検索ボリューム自体は多いものの

ライバルサイトがかなり強いため

上位に入るのは容易な事ではありません

 

ただロングテールキーワードでいくつか記事を上位表示できると

サイトの評価が上がり、ビッグキーワードでも上位表示を狙えるようになります

 

 

RPGゲームでレベルを上げて最終的に魔王を倒すような感じです

 

またロングテールキーワードは検索意図が明確になるので

記事を書きやすいのです

 

「化粧品」とだけ検索する人は化粧品が安く買えるサイトを探しているのか

化粧品の使い方について知りたいのか、といろいろなとらえ方をする事ができます

 

 

こうなると可能性のある情報を全て網羅しないといけなくなります

 

ロングテールキーワードであれば

 

「化粧品+使い方」だったら化粧品の使い方について知りたいのだろうし

「化粧品+送料無料」だったら送料無料の通販サイトを探しているのだと予測できます

 

 

つまりそのキーワードで検索する人の検索意図に

沿うような内容だけを書けばいいので

 

 

いろんな情報を網羅する必要がないためたくさんの文字数を書く必要もないし

意図が明確なので記事も書きやすいのです

 

読者の役に立つ記事を書く

読者の役に立つ記事を書くという視点が抜けている

記事を書いている人が多いです

 

読者の役に立たないダメな例としては

  • 今日の晩ご飯はカレーです☆
  • さくらを見に行ってきました
  • 仕事やめました

 

こんな記事タイトルを付けている記事です

 

有名人ならまだしも一般人がこんな記事書いてても

だれも読みたいと思わないはずです

 

上の例を読者の役に立つような記事タイトルにしてみます

  • 一手間でカレーをプロの味にする裏技
  • 心がいやされるさくらの名所10選
  • 後悔しない仕事のやめ方

 

こんな感じですね

ダメな例と比べてみるとちょっと読んでみようかなっていう気に

なったんじゃないでしょうか

 

 

このようにアクセスを集めたいと思ったら

読者の役に立つ記事を書く事です

 

日記のようなただの自己満足な記事を書いていても

アクセスを集める事はできません

 

まとめ

  • 1000〜3000文字を目標に記事を書く
  • ロングテールキーワードを狙う
  • 読者の役に立つ記事を書く

 

この3つが検索エンジン経由のアクセスを集めるためには重要です

 

この3つが守れていればアクセスは着実に増えていき

それにつれて収益も上がるようになります

 

逆にこの3つさえ守れていないようなら

1年経っても5年経ってもずっとアクセスは増えず

1日1桁のアクセスしか集まりません

 

アクセスが増えない事には収益も増えません

 

 

この3つは最低限意識して記事を書くようにしてください

 

 

Pocket