Pocket

こんにちは

藤田です

 

ブラインドタッチという物をご存知でしょうか

 

ブラインドタッチはキーボードを見ずにパソコンの画面を

見て文字を打つというタイピング方法です

 

 

ブラインドタッチが出来るようになると

文字を打つのが早くなったりパソコンの画面を見ながらなので

文字の打ち間違いにもすぐ気づけます

 

 

今やこのブラインドタッチはブログを書く仕事についているならば

必ず身に付けるべきスキルだといえるでしょう

 

ただなかなかこのブラインドタッチは難しく

挫折する人が多いのが現実です

 

 

そこでブラインドタッチができない人のために

ブラインドタッチのやり方を解説していきます

 

ブラインドタッチ練習にあたって守るべき事

ブラインドタッチを練習するのにあたって

絶対に守ってもらいたい事が2つあります

 

  1. 絶対にキーボーボを見ない事
  2. 決まった指でキーを打つ事

 

絶対にキーボードを見ない事

絶対にキーボードを見ない事を

意識してください

 

ブラインドタッチはキーボードを見ずに文字を打つというスキルなので

キーボードを見ながら練習しても意味がないからです

 

決まった指でキーを打つ事

キーボードを打つときは決められた指でキーを打つようにしてください

 

それぞれこのキーを打つ時にはこの指という風に

打つ指が決まっています

 

この決められた指で打つ事で

一番効率よく文字を打てるからです

 

間違った指で覚えてしまうと

タイピングが遅くなりますし

クセがついてしまうと直すのはなかなか難しいです

 

ホームポジションを覚える

まずホームポジションというものを覚えます

 

ホームポジションというのは右手人差し指を「J」に

左手人差し指を「F」に置いた状態です

 

車に例えるとニュートラルに入った状態です

 

中指、薬指、小指もそれにともなってこのように置きます

 

このホームポジションが分かってないと

ブラインドタッチはずっとできないままです

 

「F」「J」のキーにはどのパソコンにも

突起がついているはずなのでそれを目印に

ホームポジションを作ります

 

「あいうえお」の位置を感覚で覚える

ホームポジションを覚えたら

次は「あいうえお」をひたすら打ちます

 

もちろんキーボードを見ずにですよ

 

なぜなら「あいうえお」は母音なので

「あいうえお」を覚えるだけで他の文字列も打てるようになるからです

 

例えばサ行だったら「S」のキー+「あいうえお」の組み合わせで

打ててしまうわけです

 

それぞれの指の対応表をもとに

決められた指で「あいうえお」を打つようにしてください

 

 

他の文字も打ってみる

「あいうえお」がなんとなく身に付いてきたら

次は他の文字列も打ってみましょう

 

カ行だったら「K」+「あいうえお」

ナ行だったら「N」+「あいうえお」

という風に「あいうえお」と組み合わせて打ってみてください

 

練習を地道にコツコツ続ける

毎日10分くらいでもいいのでコツコツ練習を続けてください

 

1日10分くらいやるだけでも結構ブラインドタッチはできるようになります

1日で一気にやってしまおうとするのではなく

毎日練習をコツコツ積み重ねていってください

 

 

一気にやりすぎてしまうと

燃え尽きてしまってやる気がなくなってしまうので

 

 

最初はキーボードを見ながら打った方が早いですが

そのうちキーボードを見ない方が早くなります

 

みんなそんなもんです

僕もそうでしたので

 

練習方法としては無料のゲームを

使った練習方法をオススメしています

 

僕のおすすめはe-typingです

 

他の物だと時間制限があって焦ってしまい

指の動きがおろそかになりがちです

 

その点e-typingは時間制限もなく

焦らずに取り組めるので正確な指の動きを練習する事ができます

 

僕もこれでブラインドタッチを習得しました

 

まとめ

ブラインドタッチはできると

ブログを書くのが早くなり、時間の短縮になります

 

 

ぜひブログを書く事を仕事としているなら

ブラインドタッチに挑戦してみてください

 

 

Pocket