Pocket

こんにちは藤田です

情報商材アフィリエイトに取り組んでるけど

なかなか情報商材が売れないという人は多いと思います

なぜ情報商材が売れないのか?

その理由について書いていこうと思います

情報商材が売れない理由

情報商材が売れない理由はいろいろありますが

主に次の5つですね

  1. アクセス数が少ない
  2. 記事の文字数が少なすぎる
  3. 読者のことを考えない独りよがりな記事を書いている
  4. 競合(ライバル)が結構強い
  5. 情報商材は怪しいというイメージがある

アクセス数が少ない

情報商材を売るにはそれなりにアクセス数が必要です

アクセス数があれば情報商材に限らず何でも売れるようになります

ですがキーワード選定などのSEO対策の知識を全く知らずに

好き勝手な記事を書いていると検索エンジンで上位表示されずにアクセス数も集まりません

アクセス数を集めるには検索エンジン経由のアクセスを狙うのが効率的です

TwitterやFacebookなどのSNSに比べて多くのアクセスが集まりますし

一度上位表示できれば安定してアクセスを獲得することができるからです

記事の文字数が少なすぎる

検索結果に上位表示させるためには

ある程度の文字数が必要になります

文字数は気にしなくても大丈夫という人もいますが

文字数はめちゃくちゃ大事です

実際何かのキーワードで検索してみると

検索結果の一番上に出てくるサイトは

少なくとも1000文字以上多くて7000文字、またはそれ以上

このように検索結果に表示されているサイトが文字数の大切さを証明してくれています

僕の場合は最低1000文字以上〜3000文字を目安に記事を書いています

読者のことを考えない独りよがりな記事を書いている

突然ですが

A.今日の晩ご飯はカレーです!おいしくできました!

B.一手間加えるだけでプロの味になる!本当においしいカレーの作り方

どちらの記事タイトルの方が読みたいでしょう?

聞くまでもなくBの記事タイトルだと思います

有名人でもない人の晩ご飯がカレーだったとかどうでもいいですからね

ですが情報商材が売れないという人は

Aのような読者のことを考えない独りよがりな記事を

書いてしまいがちです

つまり読者の役に立つ記事を書く

この視点が抜けているのです

だからいくら記事を書いても共感されないし

ファンもつかない、だから情報商材も売れないんです

情報商材で稼ぎたいんだったら読者に価値を提供してなんぼです

競合(ライバル)が結構強い

情報商材アフィリエイトは競合つまりライバルが結構強いです

上で話したようなアクセスを増やすためのSEO対策

読者の共感を呼ぶような文章の書き方などの知識が

他のジャンルのアフィリエイターに比べて桁違いに高いです

なんか稼げそうだし情報商材アフィリエイトやってみようかなという人が

参入してトントン拍子で稼げるほど甘くはないのです

情報商材アフィリエイトで稼ぎたかったら

他のアフィリエイターに対抗できるだけの知識と努力が必要です

情報商材は怪しいというイメージがある

未だに情報商材は怪しいというイメージが

蔓延しているようです

そのため物販アフィリエイトに比べて

売れ行きがよくないんですね

これに関しては自分たちの努力でどうこうできる物では

ないのでしょうがないです

僕らにできることは情報商材は怪しくないよという事を

必死に説明し続けるしかありません

情報商材を売るためにはどうすればいいか

情報商材を売るためには

上で説明した事の逆のことをすることです

具体的に言うと

  1. SEOの知識を学んでアクセス数を増やす
  2. 記事は1000〜3000文字を目標に書く
  3. 読者の求めている情報を提供する

SEOの知識を学んでアクセス数を増やす

情報商材を売るためにはアクセス数が必要です

そのためにはキーワード選定やどうやったら検索結果で上位に表示できるかといった

SEOの知識が必ず必要になってきます

SEOの知識なしに闇雲に記事を更新しても

はっきり言って意味がないのです

100記事以上書いても全くアクセスが増えないサイトと

30記事くらいでもアクセスが多いサイトの違いは

SEOを意識した記事更新ができているかどうかです

記事は1000〜3000文字を目標に書く

記事の文字数が多い方が検索結果で上位に表示されやすいです

なので僕も文字数はなるべく多く書くようにしています

大体1000文字〜3000文字くらいを

目安に記事を書いていくといいです

1000文字以下の記事になると検索上位にはほとんど表示されません

つまり1000文字以下の時点で上位表示を諦めているのと同じです

1000文字以下でも上位表示できるキーワードもありますが

本当にごくまれなので、意識して1000文字以上は書くようにしましょう

読者の求めている情報を提供する

アフィリエイトで稼ごうと思ったら

読者の求める情報を提供するという視点が大事です

読者の求めていない独りよがりな記事を書いていても

だれも読んでくれないですし、何より検索エンジンにも評価されないので

そもそも検索からのアクセスが全く集まりません

読者に価値のある情報を提供して初めてアクセスが集まり

情報商材も売れるようになるのです

実績、顔出し、特典、きれいなサイトは情報商材が売れない原因じゃない

情報商材は

  • 実績がなきゃ売れない
  • 顔出ししなきゃ売れない
  • 特典をたくさんつけないと売れない
  • きれいなデザインのサイトじゃないと売れない

このような事を1度は聞いた事があると思います

でもこのような事は情報商材が売れる売れないに

あまり関係ないんです

実績がなきゃ売れないはうそ

「情報商材は実績がなきゃ売れない

だからまずは自己アフィリエイトやアドセンス、物販などで

実績を作ってから情報商材アフィリエイトに取り組もう」

これは半分正解で半分間違いです

確かに実績があった方が情報商材が売れやすいのは事実です

信頼度が違いますからね

でも別に実績がなくてもきちんとアクセスを集めて

読者の役に立つ記事を書いていれば

情報商材は売れます

顔出ししなきゃ売れないはうそ

情報商材を売るために顔出しも必要ありません

稼げている情報商材アフィリエイターを見れば

彼らが顔出しをせずとも稼げている事が分かると思います

顔出ししてアフィリエイトしている人もいますが

これは読者に信頼感を与えるためです

名前だけ知ってて顔が分からない人よりも

名前も顔も分かってる人の方が信頼できますからね

信頼感を与える事によって

読者の人に買ってもらいやすくなるわけです

つまり売り上げを増やすために顔出ししているわけです

特典をたくさんつけないと売れないはうそ

特典をつけなければ稼げないというのもうそです

一度アフィリエイターの特典つきで情報商材を買った事がある人なら

分かると思いますがPDFとか量だけは確かにたくさんあるんですけど

役に立った物ってほとんどないんですね

そういうのを経験している人にとっては

特典が何十個もついてくるとむしろうっとうしいのです

パソコンの肥やしになるだけですからね

だったら特典のついてないアフィリエイターから

買おうという人も少なからずいます

だから無理に特典をたくさん集めて

つけなくても売れるというわけです

特典をつけるんだったら

  • 稼げるようになるまでのメールサポート
  • 自分で作成したオリジナルPDF

こういう物にしましょう

こういう特典だったら購入してくれた人にも喜ばれますし

情報商材が売れやすくなるので効果的です

きれいなデザインのサイトじゃないと売れないはうそ

きれいなデザインのサイトじゃないと売れないというのもうそです

きれいなサイトの方が見てて楽しい物ではありますが

デザインより大事なのはサイトの中身、つまり記事です

ちゃんと読者に価値を提供できているかが大事なのです

デザインは二の次です

サイトのデザインをきれいにするための時間があるんだったら

1つでも多く記事を書いた方が早く成果が出ます

デザイン気にする前に記事を書けってことです

まとめ

情報商材が売れないのは

  • アクセスが少ない
  • アクセスを集めるための方法を知らない

これが大きな要因です

もしあなたが情報商材が売れなくて困っているなら

SEO対策から始めてみてください

検索エンジンを攻略する事が稼ぐための近道です

あまり義務的にならずに1つ1つゲームをクリアする感覚で

楽しんで取り組んでみてください

リサーチから文章の書き方全般を学ぶにはこちらがおすすめです

文章の書き方を一から学べる教材

無料でネットビジネスで稼ぐためのノウハウをプレゼントしています

以上藤田でした

Pocket

期間限定で初心者でも月収10万円を稼いだ方法を無料でプレゼント中です!




藤田への質問・感想はこちらからどうぞ!