Pocket

藤田です^^

ブログの記事を書くときに
「決まった文章の型(テンプレート)があったら
楽だなぁー」なんて考えたことはありますか?

僕は初心者の頃は結構そういうことを
考えてましたが

正直ブログの書き方テンプレートなんて求めてる時点で
稼ぐまでの時間を無駄にしちゃってるので今すぐやめましょう

ブログの書き方は
記事の種類によって全然変わってきます

それを決まった一つのテンプレートだけで
全部書こうとすると違和感ありまくりの文章が
出来上がって正直気持ち悪くなります笑

詳しくはこの後解説していきます^^

ブログ 書き方 テンプレートとか書いちゃってるアフィリエイターに違和感を感じる理由

ブログの書き方テンプレートとか言って
解説しているブログは多いですが
正直全然わかってないなってのが僕の感想です

だってブログの書き方って1パターンじゃないんですよ

ブログの書き方は今から書こうとしている
記事の内容によって全然違ってきます

ブログの記事には僕は3つのパターンが
あると考えていてそれがこの3つです

  1. 集客用の記事
  2. ブランディング用の記事
  3. 販売用の記事

それぞれの記事には決まった役割があります
この3つが1つのテンプレートで全部書けるかって言ったら
書けるわけがないんですよ

なのに他のアフィリエイターさんとかは
記事の書き方テンプレートとか言って
ひとくくりにしちゃってるんで初心者の人が見たら
それを信じて勘違いを起こしちゃうんですよ

全部その書き方で書こうとしてしまう

だから例えば集客用の記事なのに
ブランディング用のテンプレートで書いちゃったりして
違和感ありまくりの文章になってしまうわけです

ていうかそもそも書けないと思いますよ
無理にそのテンプレートに当てはめれば書けないことはないかもですが
途中で「なんか違うな」ってなって記事を書く手が止まることは目に見えてます

そもそもテンプレートなんか考えないほうがいい

そもそもテンプレートなんか考えないほうがいいです

その一つのブログの書き方のテンプレートで
仮に全部の記事を書けたとしても
全部そのテンプレートで書いてるんですよ?

気持ち悪くないですか?笑

読者の人もさすがに気づきますよ
「この人なんか毎回おんなじ感じの文章だな」って

確かにテンプレートがあれば書きやすいかもですけどね^^;

アフィリエイトって応用が利かない人は稼げませんからね

この人がこうやって言ってたから全部その通りなんだって
鵜呑みにしてるだけじゃダメなんですよ

ブログ 書き方 テンプレートで検索して
テンプレートが見つかったからって言って
それだけになっちゃダメなんですよ

自分で考えるっていうことをしないと^^;
そういうのをことわざで「バカの一つ覚え」とかって言います

思考停止で記事を書いて
それで稼げるほどアフィリエイトは甘くないですからね

自分で考えるということから逃げて
他人の意見だけを鵜呑みにするようになると
大して価値のない高額塾とかに大金を払っちゃったりするんですよ

だから気をつけてくださいね

大体の記事に通用するブログ記事の書き方テンプレート

書く記事の内容によって書き方が変わってくるっていうのはさっき言った通りです
あと自分なりにこの記事をこういう書き方の方がいいかもっていう風に
考えていくことも大事です

でも一応大体の記事はこの通りに書いておけば
大丈夫かなっていうテンプレートじゃないですけど
書き方があるんで紹介します

たださっきも言ったようにここで紹介した
テンプレートだけで凝り固まっちゃダメですからね

具体的な例を出すとそればっかりになっちゃうので
テンプレートの大枠だけ解説します

あとは自分なりにこの記事にはこういう書き方の方がいいかな?とか
考えながら記事を書いて見てください

そういうことをしていかないと
アフィリエイトでは稼げません

ブログの書き方テンプレートの大まかな流れとしては

  1. 記事タイトル
  2. リード文(導入文)
  3. 本文
  4. まとめ(あってもなくてもオッケー)

こんな感じですね

記事タイトル

記事タイトルはどんなことが書いてあるのかがわかるようにしてください
これは最低限守ってください
そうしないと全然アクセスが来なくなってしまうので

もちろんですけど記事タイトルにはキーワードを含まないとダメですよ
まぁおそらくどんなことが書いてあるかを意識していれば
自然とキーワードは入ると思いますが^^;

でわがままを言うならばそれに加えて
ちょっと興味を引くようなタイトルをつけられればベストです

例えば
「〇〇(芸能人名)の黒歴史とは?実はいじめられっ子だった?」とか
「記事を3日間で10記事書き上げたマル秘執筆術とは?」みたいな笑

これは今適当に考えたんでキーワードとか全然入ってないですが
キーワードは最低限、それに加えてこんな感じで
興味を引けるタイトルならベストってことです

リード文(導入文)

リード文は今から書こうとしている
記事がどういう内容なのかを説明します

リード文では読者の共感を得られるような
文章をかければその続きの記事も気になって読んでくれるようになります

共感を得るには読者が感じているであろうことを
書くことが結構オーソドックスな手法です

例えば記事の書き方についての記事であれば


「記事を書こうと思って1時間もパソコンの前にいるのに
一行も書けてない」
「自分には文章を書くなんて無理なんじゃないだろうか」
「文章をスラスラ書ける人は天才なんだ。自分は違う」

こんなことを感じたことがあるんじゃないでしょうか?

実はパソコンに向かっても全く記事が書けないのは
文才がないからとかそう言う問題じゃありません

実は記事を書く前にあることをするだけで
スラスラ書けるようになります

・・・


こんな感じです
イメージできますかね?

要は「」の中に悩んでいる人が
想うであろうことをいれておいてあげると
「そうそう!まさにその状態なのよ!」って言う風に
共感してもらえるようになるんですよ

本文

本文は記事タイトルにきちんとマッチしている内容で
書くのはもちろんですがまずは見出しを決めて
それからその見出しごとに文章を書いていく感じです

見出しごとに書いていくのであれば
それぞれ短い文章でいいので
記事を書くのも楽になります

全く関係ない見出しをつけるのはやめましょう

記事の書き方についての記事なのに
「トレンドアフィリエイトとは」みたいな
見出しはつけないことです

まとめ

まとめはあってもなくてもいいです

まとめた方が読者の人にとってわかりやすいかなと思えば
いれた方がいいし

まとめを入れると文章の流れが不自然になるなと思えば
いれない方がいいです

これはさっきも言ったように臨機応変に
ケースバイケースで判断してください

あとは書く記事の種類によっても違ってきます

商品を販売する用の記事だったら
まとめを置くとなんか不自然になります

それより目的が販売なんだから
商品へのリンクを置いた方がいいです

この辺もじゃあ商品を販売する記事だから
まとめを置かない方がいいんだとなって
全部それだけになってしまわないことです

自然な流れであれば別にいれてもいいです
そこらへんは記事を書く人のセンスですね笑

まとめ

とにかくブログ記事のテンプレートは最初は求めない方がいいし
アフィリエイトで稼ぐには自分で考えて応用を利かせることです

アフィリエイトで稼げない人は
思考停止状態で自分で考えようとしていない人が多いです

そうならないようにこのノウハウは
もしかしたら応用できないかな?と常に意識することです

と言うことで参考にしてください^^

僕のメルマガでは無料オファーの紹介とかは
全くなしで有料で販売されているようなノウハウを配信しています

もちろん登録は無料ですし
必要なくなったらいつでも解除できます

藤田のメルマガ登録はこちらから

以上藤田でした^^

Pocket

期間限定で初心者でも月収10万円を稼いだ方法を無料でプレゼント中です!




藤田への質問・感想はこちらからどうぞ!