Pocket

藤田です^^

いつも購読ありがとうございます

今回はトレンドアフィリエイトで
アクセスが集まらないときの原因と
トレンドアフィリで記事を書く時の
ネタの探し方について解説していきます

トレンドアフィリエイトでアクセスが集まらない理由

トレンドアフィリエイトでアクセスを集めるのは
ちゃんとした方法で記事を書いていけば簡単です

たとえブログを開設して最初の1記事目でも
多少文章がつたなくてもです

トレンドアフィリエイトでアクセスが集まらない原因として
あげられるのは大体次のようなものです

  • そもそもキーワード選定について正しく理解していない
  • 1記事当たりの文字数が少ない
  • ニュースの情報をただ横流ししているだけ
  • 自己満足な検索需要がない記事を書いている
  • 改行など全然していなく読みづらい

そもそもキーワード選定について正しく理解していない

トレンドアフィリエイトでアクセスを集めるために
一番重要なものは何かと聞かれれば間違いなく
キーワード選定です

というかトレンドアフィリエイト以外でも
キーワード選定ができないとアクセスは集まりません

キーワード選定はアフィリエイトの基本中の基本です
キーワード選定をきちんと理解せずに
アフィリエイト作業をするのは

テニスで正しいラケットの持ち方や
振り方を教えてもらわずに練習試合だけ
やってるみたいな状態です

そんなんでテニスが上達しないのは
誰が見ても明らかですよね?

アフィリエイトも同じでキーワード選定を
理解していないとアフィリエイトで
アクセスが集まらないのはもちろん
稼げもしないのできちんと理解する必要があります

意外とアフィリエイト初心者の人は
キーワード選定という概念自体
知らない人が多くそういう人に限って
アクセスが集まらないとかいう状態になってます

キーワード選定については
こちらの記事で詳しく書いているので
参考にしてください

トレンドアフィリエイトの記事の書き方!最初の記事は何を書けばいい?

1記事当たりの文字数が少ない

トレンドアフィリエイトで上位表示するためには
ある程度の文字数が必要です

一昔前だとトレンドアフィリエイトで
上位表示させたかったら500文字くらい書けば
OKだったんですが

最近は文字数の平均値が上がってきていて
大体最低でも800文字くらいは書かないと
上位表示が難しくなっています

上位表示させることができれば
たくさんのアクセスを集めることができます

ただそういう状態なのに
1記事当たり100文字とか300文字とかしか
ないとほぼほぼ上位表示は無理です

まぁ最初から800文字とか書ける人っていないので
これは体育会系のノリになっちゃうんですが
トレーニングあるのみです笑

100文字とか300文字でもいいんで
とにかく毎日記事を更新してみる

そうすることで徐々に
「アッなんかもっと書けそうだな」って
なるときが来るはずです

そうしたら800文字とかも
あんまり苦にならずに更新できると思いますよ

僕も最初は1記事200文字とかしか書けなかったんですが
今では1000文字くらいだったら
意外と超えられるようになりました

ちなみにこの記事も今の時点で1200文字を
超えています^^

ニュースの情報をただ横流ししているだけ

これも結構初心者の人は
やってしまいがちです

トレンドアフィリエイトのネタって
ニュースサイト(ヤフーニュースとか)から
記事にするネタを探してくるわけですが

そのニュースサイトに書いてあったことを
そのまま記事にしちゃうんですね^^;

トレンドアフィリエイトでは
それではだめなんですよ

だって検索してくる人って
もうそのニュース自体は知っていて
さらに深堀した情報が知りたくて検索しているわけですから^^

ちょっと前の話題になりますが
スマップの解散報道がありましたよね?

「スマップが解散する」っていうことは
もうすでにニュースサイトで流れてるし
みんな知ってるわけですよ

なのにそこでそのまま
「スマップが解散する」っていう内容の
記事を書いてもアクセスは集まりません

「スマップが解散する」っていうニュースを
見た人が次に何を調べたくて
検索してくるか?

それをイメージして記事を書かなければ
一生アクセスなんて集まりません

自己満足な検索需要がない記事を書いている

さっきのニュースの横流しの
続きとして聞いてもらいたいんですが

じゃあスマップが解散するっていうニュースを
見た人が次に検索しそうな記事を書こうと思うのは
いいんですが

その書く記事が自己満足な
検索需要がないものではダメです

どういうことかというと
たとえば記事を書く人が鉄道が好きだったとしますよね?

その人がスマップ解散のニュースを見て
記事を書くときに

「スマップが解散することによる鉄道会社への影響は?」

みたいな記事を書いては
ダメだよってことです

鉄道会社への影響とか
鉄道好きな人だったら検索するかもですが
どれくらいその情報を知りたい人がいるか?
考えれば少ないことは明白ですよね?

これが自己満足な検索需要がない記事です

そうではなくてニュースを見た後に
大多数の人が気になるであろう
内容の記事を書かなきゃいけないです

さっきのスマップの例で言えば

「スマップの解散理由は?」
「スマップのメンバーは仲が悪い?」
「メンバーの性格や年齢」

なんかは大多数の人が
検索するであろうと予測できます

こういうことを書かないと
アクセスは集まりません

改行など全然していなく読みづらい

記事を書くときに意識しなければいけないことは
書いた記事はロボットではなく
「人間が読む」ということです

人間が読むんですから
読みやすくないとせっかくアクセスしてきても
すぐページを閉じてしまいます

それで読みやすくするための工夫としては
改行をきちんとすること

僕のこの記事とか読んでもらえれば
なんとなくわかってもらえるかもですが
一定のところで改行したりしてますよね

逆にこんな感じの文章の書き方だったらどうですか?

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

これはテキストだけしか書いてないんであれですけど
普通の文章でこんだけ詰まってたら
かなり読みにくいです

というか読む気しません笑

なので一定のところで
必ず改行することが大事です

あと文章を読みやすくする工夫としては
画像を使ったり、あとは文字装飾ですね

大事なところは太字にするとか
文字の色を変えるとかです

トレンドアフィリのネタの探し方

トレンドアフィリエイトの記事を書くためには
記事にするネタが必要です

それでトレンドアフィリのネタを
どこから探してくるかというと
さっきもちょっと言っちゃたんですけど

ヤフーとかのニュースサイトです

ヤフーのトップページ開くと
中央あたりにこんな感じで
ニュースがありますよね?

 

そこからなるべくテレビとかで
大きく取り上げられているニュースを選んで
そのニュースを見た人が次に知りたいことは
何だろうということを考えて記事にしていくわけです

ちなみに虫眼鏡キーワードをチェックするという
方法もありますが

↓これが虫眼鏡キーワードです

僕はトレンド記事を書くときは
虫眼鏡キーワードはチェックしません

そのニュースを見た後に何を知りたいと思うか?
は大体考えれば出てくるんで笑

あと虫眼鏡キーワードに頼らないことで
自分だけのお宝キーワードが見つかることがあります

知りたいって思っている人が多いけど
記事にしている人は皆無みたいなキーワードです

そういうキーワードが取れれば
上位表示もライバルがいないので
簡単ですしアクセスも大量です

さっきも紹介しましたが
こちらの記事で詳しく解説しています^^

トレンドアフィリエイトの記事の書き方!最初の記事は何を書けばいい?

僕のメルマガでは一人で自宅にいて
顔出し、名前出しも必要なく
パソコンをカタカタたたくだけで
サラリーマンの給料以上に稼ぐ情報を配信しています

もちろん登録は無料ですし
必要なくなったらいつでも解除できます

藤田のメルマガ登録はこちらから

以上藤田でした^^

Pocket

期間限定で初心者でも月収10万円を稼いだ方法を無料でプレゼント中です!




藤田への質問・感想はこちらからどうぞ!