Pocket

藤田です^^

いつも購読ありがとうございます

今日はコピーライティングの話題に突っ込んで行こうかと思います
3つのNOTって知ってますか?

・NOT READ (読まない)
・NOT BELIEV(信じない)
・NOT ACT (行動しない)

これが3つのNOTです

要するに自分の記事をお客さんは
読んでくれないし、信じないし、行動しないってことです

だから文章を書くときは
この壁を超えるように意識して
書かないといけません

一つ一つ解説していきますね^^

まずNOT READ (読まない)です

この読まない壁を越えるには
記事のタイトルで興味を引くことです

検索して出てきたサイトでどのサイトを読むかというのは
タイトルでほぼ決まると言ってもいいです

タイトルが興味をそそらないものだったら
クリックされずに記事ページさえも見てもらえないですから^^

見たことあるっていう人もいるかもしれませんけど
SEOだけ意識しすぎて

「商品名 評判 レビュー 詐欺 稼げない 口コミ」
みたいなタイトルをつける人がいます

これで読みたいって思う人がいるかって問題です

検索上位するための対策でしょうが
あくまで最終的に読んでくれるのは人間ということを忘れてはいけません

それがSEO対策、SEO対策って
言葉は悪いですがバカみたいに
キーワード詰め込みまくったタイトルつけてる人見たことあると思います

そもそもキーワードの詰め込みすぎは
SEO的によくないですからね笑

キーワードを詰め込みすぎると
検索エンジンがどのキーワードが重要なのか
判断できないので上位表示が逆に難しくなってしまいます

ちょっと話がずれちゃいましたが
「(商品名)は効果がある?実際に実践して確かめてみた!」
みたいなタイトルの方が読みたくなりませんか?

次に
NOT BELIEV(信じない)

信じないという壁を越えるためには
証拠とかその主張を裏付ける根拠が必要です

Reason Why(リーズン・ホワイ)っていうんですが
何か主張をしたらその理由もちゃんと述べるってことです

例えばダイエットには有酸素運動がいいですよ!
とだけ書いて

なぜ有酸素運動がダイエットにいいのかは
説明してないみたいな笑

これだと信じてもらうことはほぼ不可能です

証拠は何かデータなどがあれば
どこかから引っ張ってくるとか
そういうことをちゃんと掲示すればオーケーです

最後に
NOT ACT (行動しない)

購入とかメルマガ登録とか
最終地点までは行くけど

最後の最後で引き返しちゃうみたいな

この壁を越えるためには
行動する理由を与えることです

メルマガ登録すると何かプレゼントがもらえるとか
自分経由で商材を購入してくれたら特典をつけるよとかです

お客さんは誰から購入するか
選ぶ権利がありますから
行動する理由を与えないといけません

あと手っ取り早いのは
期間限定とか限定何個とかです

期間限定で2万円の商品が
1万円で買えるとか

限定10名様だけにしか
このプレゼントは配布しませんとか

限定するだけで
「早く行動しなきゃ」となって
強い行動する理由になります

3つの壁の超え方はこんな感じですね

基本僕たちの文章って
本当に読まれもしないし
信じてもらえないし行動してもらえないんで

そこを工夫する必要があります^^

最後に宣伝だけさせてください^^
メルマガやってます

最短最速で報酬を稼ぐための
ノウハウを無料で紹介しています

もちろん登録は無料ですし
必要なくなったらいつでも解除できます

藤田のメルマガ登録はこちらから

以上藤田でした^^

Pocket

期間限定で初心者でも月収10万円を稼いだ方法を無料でプレゼント中です!




藤田への質問・感想はこちらからどうぞ!